失敗と挫折こそが成長できるビジネスチャンス

福岡広告が厳選した本の内容をご紹介させていただきます。


ビジネスをしごとにするのか。

仕事をビジネスにするのか。

その違いは大きいと思います。

 

ビジネスとは利益を出すことであり、仕事とは世の中の困っている人を助けることです。

自分はどちらを選ぶのか。

あなたはどちらを選ぶのか。

 

私たちは仕事をビジネスにすることを選びたい。

優先するべきことは、世の中の困っている人を助けることだと思っています。

そのために、工夫とと発案、努力と学び、責任と約束、チャレンジを日々繰り返してきました。

 

そんな日々は、正直、失敗だらけで、自分の至らなさで、思うままにいかないことだらけでした。

 

しかし、失敗や思うままにいかないことは、

それだけ大きな価値に自分が向き合っているんだとおもうようにしています。

失敗や思うままにいかないことは、もうワンステップ成長できるチャンスであると。

 

そんな「仕事をビジネスにする」というフィールドにおいて、

ふと気付かされたり、痛感したり、立ち返ったり、学んだり、確かめてきた、

いわば「きほん」と呼べるものが、たくさんあります。

 

ある日、そのひとつひとつを、私たちもたくさん語り合ってきました。

仕事に悩んだり、行き詰まったり、困った時、私たちは、

どうやって、新しい一歩を踏み出してきたのか。

たくさんの失敗と挫折を、どうやって、ぐっと歯を食いしばって乗り越えたきたのか。

 

「成功の反対は失敗ではなく何もしないこと」。

 

この言葉が私たちは大好きです。

では、何をしたらよいのでしょうか。

するべきなのでしょうか。

ここにある「きほん」が、そのヒントとなり、力になると信じています。

 

松浦弥太郎(『はたらくきほん100』の著書)

 

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター