【福岡市博多区】博多ラーメン屋のチラシ制作とホームページ制作。お客さんの導線を考えた掲載内容とは?

今月は、博多区新橋でラーメン店を経営されているご主人からチラシのリメイクとホームページの新規作成依頼がありました。

人気店から独立されて3年目にして、客足が鈍くなってきたのでテコ入れをしたいということでした。

新規オープンをして1年未満で閉店する飲食店がおよそ35%もある中で、3年も頑張ってこられたのはご主人の作るラーメンが美味しいからだと思いました。

 

ご主人は、大手広告代理店にも相談されたそうですが、予算がトータルで100万円以上かかると言われたそうです。

1杯500円のラーメンで商売をしている方にとっては、いくら良いチラシやホームページだったとしても採算が合いません。

そんな時、弊社のことを同業者の方から聞いて問い合わせて下さったとのこと。

 

この道20年のご主人は、豚の頭蓋骨だけを煮込んで作る豚骨ラーメンと、皮から手作りする餃子で勝負をされています。

また、特製のチャーシューで作ったおにぎりは、ラーメンと一緒にオーダーされるお客様が殆どだとか。

 

しかし、ご主人がパソコンで作ったというチラシを見せてもらったところ、肝心の店の地図が載っていないなど受け取った側が困ってしまう内容でした。

更に、集客に必要なホームページを今まで用意されて来なかった訳ですから、客足が落ちるのは当然です。

 

ホームページは、女性が1人でも入りやすいお洒落な雰囲気であることが分かる店内の写真を掲載。

どのようなこだわりがあるのか解説したメニュー表、LINE登録でお得な情報やクーポンが貰える等の情報を載せました。

ご主人の要望で、外国からのお客様にも対応できるよう英語、中国語対応にしました。

チラシは、シンプルにラーメンの写真と店舗情報のみを掲載し、期限が2週間の割引券を付けました。

 

後日、ご主人から「急に女性のお客様や外国人観光客が増えました!」とのご連絡がありホッとしました。

博多区は、ラーメン激戦区なので今後も定期的にチラシを撒いていきましょう、とご主人と今後の戦略についても話し合っています。

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター