【筑紫野市】剪定・造園のホームページ制作。ヒアリングから独自の強みをアピール!

今月は、筑紫野市で剪定・造園を始められたお客様から新規開業対策と、ホームページの新規作成のご依頼がありました。

 

最近では、ホームセンターで庭の手入れを格安で行っていますし、素人の方でも手軽に剪定工具を使って庭の手入れをすることができます。

しかし、日本庭園のメンテナンスや造園となると、高度な技術を持つプロの手が必要となります。

 

今回のご依頼主様は、元々日本庭園を得意とされていましたが、イギリスでガーデニングの修行も積まれています。

筑紫野市で和と洋両方の造園知識を持っている造園業者さんは他にはいないので、その点をしっかりとホームページで伝えていくことに。

造園業者の方は、ホームページを立ち上げていないところがまだまだ多いので、ネットを使ってアピールすることが重要となります。

 

オーナー様を筆頭に、スタッフの経歴を顔写真付きで案内。

造園歴が長いスタッフが所属しているので、新規オープンでも腕が確かだということを印象付けました。

 

それから、一般家庭向けのガーデニングプランから店舗向けの造園まで幅広く行っていることをアピール。

納得のいくまで話し合い、サンルームやウッドデッキ等様々な施工を行うことを写真付きの事例を掲載し案内。

施工後の庭の手入れも行い、次世代を見据えた景観を育てることも案内。

 

依頼を受けたお客様には、少なくとも1年毎にDMを送り、コンタクトを取り続けるように提案。

リピーターになってもらうためには、しつこい営業電話はNGですが定期的な連絡は必須です。

また、住宅街を中心にチラシを撒いて、新規顧客を増やしていくことも提案し、年間のチラシ計画も立てさせて頂きました。

 

新規オープン後、意外にも日本庭園の手入れをして欲しいという個人宅や飲食店、寺院からの依頼が目立ったそうです。

施工後は、「センスがいいのでまたお願いしたい」と好評だったとのこと。

施工例の写真やお客様の口コミも増やしていき、ホームページのアクセス数を更に増やしていこうと思います。

引っ越し 福岡