エネルギーを感じる

例えば、ネガティブな人の影響を受けると、違和感を感じ、居心地が悪くなります。

こういった感覚が起きた時、人は知らずにサイコメトリーを使っているのです。

 

また、誰かの誕生日パーティーで、部屋の中に充満している幸せな空気を感じ取ることもサイコメトリーです。

 

このように、人は生まれた時からサイコメトリーを使って人のエネルギーを感じています。

他にも、自分が安全かどうかを確認するために、サイコメトリーを使ったり、この世界で生き残るためも使っています。

 

しかし、人は5歳くらいになると、自分がサイコメトリーを使っていたことを忘れたりします。

そして、感覚の代わりに視覚や聴覚に頼るようになるのです。

 

ですが、サイコメトリーを使うことが出来れば、スピリットの自己とも繋がることが出来ます。

 

サイコメトリーとは、自分のエネルギーを感じだけでなく、他の人のエネルギーも感じることです。

 

例えば、怖がっている時は、神経質になります。

そうすると、感情のエネルギーが、服やアクセサリーなど身に付けているものに移ります。

 

そして、サイコメトリーの能力を持っている人が、身に付けている物に触れると、どのような気持ちを持っていたかを感じることができます。

これは、物に残っている思念を読むということです。

実際に、テレビなどで行方不明者の捜索などで、サイコメトリーの能力が使われることがあります。

 

しかし、サイコメトラーとしての能力に優れていないと、能力を十分に発揮することはできません。

物を記憶したり、観察し記憶と頭に浮かんだイメージを繋げる訓練が必要となります。

 

1995年、アメリカ政府が、極秘の超能力研究を行っていたことを示す報告書が発表されています。

アメリカ軍を中心に、見込みのある者を集め、透視能力を軍事利用するための研究や実験をしていたというものです。

元被験者の話によると、特定の人物を探す実験を遠隔透視をして、カダフィ大佐の居所を突き止めたということです。

 

また、核兵器の探知をすることもできたそうです。

元々は、アメリカとソ連の冷戦時代に、ソ連側の内部情報を透視能力を使って、入手するという実験が始まりでした。

 

しかし、最終的には、透視能力の成果を客観的に評価することができず、無駄に国の税金を注ぎ込むことはできなくなったため、現在は実験を中止しているということです。

 

サイコメトリーと聞くと、怪しいと思ってしまいますが、自分の感覚を研ぎ澄ますことは非常に大切なことだと思いませんか。

引っ越し 福岡