マウンティング

マウンティングとは、雄のサルやゴリラが行うマウンティング(示威行為)を人間に応用し、自分が相手より優れているとアピールする行動に対し使われますね。

 

まず、マウンティングされる、ということは相手から舐められている証拠です。
そもそも、絶対に勝てない相手にはマウンティングしないものです。
マウンティングすることで暗に「私は、あなたよりも勝手いますけど?」と思っている即ち、「こいつ、大したことないな」という気持ちの表れです。

 

マウンティングされる側としては、いい気持ちはしません。
では、どうしたらマウンティングされなくなるのでしょうか。

 

それは、相手に圧倒的な実力差をつければいいだけのことです。
自分の方が圧倒的に優位にあることを示し、「この人には適わない」と思わせることが重要です。
そう思わせるためには、自己成長、自己投資等、自分自身を磨くことを怠らず信頼される人間になる必要があります。

 

また、相手はマウンティングしたつもりがなくても勝手に「マウンティングされた...」と思ってしまうケースがあります。
そういう人は、自己肯定感が低く自分に自信がない人に多く見られます。

 

自分に自信がない人は、相手が仕事の話し等をしただけでも「自分にはそれができていない」と感じ「こいつ自慢しているな」と思ってしまいます。
自分には絶対にできないから、勝手に悲観的になって自己卑下をしているのです。

 

人が当たり前のことを言ってるだけなのに、マウンティングされていると感じるのは、裏を返せば敗北を認めている訳ですし、自分に自信がないことの証拠です。
舐められないようにするためには、上記に書いたように、自己を磨き成長させることが必要ですが同時に、自分はどういう人間なのか自己理解し自分のことを肯定することも大切です。

 

また、日々の努力は結果が追い付かなかったとしても自分に自信を付け、自分のレベルを知ることができます。

「今、仕事面で劣っている部分があっても将来はもっと仕事ができるようになる」と思えるようになれば、自己卑下に陥ってしまうこともなくなります。

 

自分のことは良く分からない、という人は短くてもいいので日記を書くことをお勧めします。
日々何をしたか、どんなことがあったかを記すことで、自分のことを冷静に見つめることができますよ。

 

そして、何事にも一生懸命に取り組んで努力することを忘れないでください。

そうすれば、マウンティングされても何とも思わなくなるものです。

引っ越し 福岡