【福岡市中央区】焼き菓子店のパッケージデザイン。シックでお洒落なパッケージが完成。

福岡広告の柿坂です。

オリジナルパッケージの制作からご縁がスタートした焼き菓子店様からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

焼き菓子が好きで、福岡県中央区で焼き菓子専門の店をオープンしたものの、焼き菓子が売れ残る日が半年以上続き、毎日赤字となっていました。

オープン当初は、オリジナルの贈答用パッケージを考える余裕もなく、店のスタンプを押した紙袋に焼き菓子を詰めて販売していました。

 

それが、福岡広告さんに相談した際「オリジナルのパッケージを作りましょう」と仰って下さったお陰で、店の看板にも描かれている黒猫をモチーフにしたシックでお洒落なパッケージが完成。

ちょっとした贈り物用から、御祝い用までサイズも色々作って頂いたお陰で、まとめ買いをされるお客様が増えました。

 

同時に、殆ど更新していなかったホームページも新しく作り直して頂いたのですが、アクセス数がびっくりするくらい増えました。

Instagramと連動させることで、遠方のお客様のご来店も目立ってきたように感じています。

ブログも簡単な内容でいいので、毎日アップするようアドバイスを受け、頑張って毎日更新していますが、お客様からの反応があると嬉しいですね。

 

店が軌道に乗ってからは、オンラインショップの開設もお願いしました。

内祝いやホワイトデーなどでまとめ買いをして下さるお客様からの注文が増え、毎日大忙しの状態です。

 

外のディスプレイは、春・夏・秋・冬の年4回、年間契約でお願いしています。

それから、店内のディスプレイは、バレンタインデーやクリスマスなどイベントに合わせたディスプレイもお願いしています。

焼き菓子は、全体的に茶色のイメージなので、季節感や彩の良いウキウキする気分になるようにお願いしています。

 

今は、店にイートインスペースを作って紅茶やコーヒーと一緒に焼き菓子を食べてもうらう計画も立てていて、メニュー票などの相談もしています。

 

福岡市中央区でオープンしてから1年で店を畳むかもしれないと覚悟してから、もうすぐ3年が経とうとしています。

腕には自信がありましたが、集客に関してはド素人だったので、福岡広告さんのような親身になってくれるプロに相談して本当に良かったです。

 

赤字続きだった時は、店の集客アップのために費用をかけることにためらいを感じていましたが、今となっては大正解だったと感謝しています。

個人店で好きな焼き菓子を作って販売できればそれでよいと思っていましたが、長く続けていくためには、プロの意見も聞くことが大切だと思います。

店の経営で悩んでいる方は、気軽に相談してみることをおすすめします。

引っ越し 福岡