【太宰府市でチラシ制作】ターゲットを伝えるとキャッチコピーからポスティング候補までご提案してくれました

福岡広告の柿坂です。
チラシデザインをした太宰府市のギター専門店の方からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

--- ここから ---

 

ギター専門店を太宰府市にオープンして10年になります。

 

数年前から、60代以上の男性から「エレキギターのレッスンはしていないのか?」といった問い合わせを受けることが増え、今年からエレキギターの教室を作りました。
場所は、10人くらいがレッスンを受けられるように店の2階を改装。
一応、店のホームページでもギター教室のお知らせをしましたが、常連のお客様2人しか集まりませんでした。

 

そこで、スタッフ会議でマンツーマンレッスンとグループレッスンの2コースを設ける・ギターは店側で用意したものでレッスンを受けられるので手ぶらで通える・チラシを配布して近所の方や最寄り駅を利用して通勤している方に周知するといったことを行うことに。

 

チラシは、合い見積もりを取りを取った結果、費用・対応の良さ等で福岡広告さんに決めました。
大手広告会社ですと、費用がかかり過ぎますしクーポンを付けてもリピートに繋がらないケースがありましたので、集客率をしっかり考えてくれる福岡広告さんがいいと思いました。

 

担当者と打ち合わせをして、ターゲットは定年退職をして金銭的に余裕のある方・学生時代にギターを買いたくても買えなかったロック好きの男性・ギターを持っているけど、上手く弾けないのでこっそりギターの弾き方を習いたいと考えている中高年男性をターゲットにしたチラシを作ることに。

 

チラシには、ステージでエレキギターを演奏している男性の写真を背景に「ロックギターを弾きたい人集まれ!」のキャッチコピー。
このくらいのキャッチコピーにしないと、チラシを読んでくれないとのことでした。
ぱっと目を通して、ギター教室のチラシであること、費用、時間帯、個人レッスン、グループレッスンなどが分かるように表にするなどの工夫も。

 

そして、完成したチラシをどこで配るか?について、店頭に置いておくのと駅前で配る程度でいいのでは?と私が担当者に話すと、「ダメです!」ときっぱりとダメ出しされました。
住宅街やマンションにもポスティングしましょう!とのことでした。
言われるがままにポスティングをお願いしましたが、なる程、チラシの反響は早くすぐに、定員数の生徒さんが集まりました。

 

当初は、男性のみの教室を想定していましたが、女性のお客様からも問い合わせを多く頂き、仕事帰りにレッスンを受けたいといった声もありました。
ギター講師の数が足りない状況になってきたので、チラシで講師募集もお願いしようかと検討しています。

引っ越し 福岡