【飯塚市でチラシ制作】新聞風にデザインして読みたくなる仕掛け!レシピを掲載してお客様とのコミュニケーションのきっかけも!

福岡広告の柿坂です。
チラシ制作をした飯塚市の豆腐屋の方からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

--- ここから ---

 

親の代から飯塚市で豆腐屋をやっていますが、代替りを機に豆腐を使ったお惣菜も販売することにしました。
当初は、おからを使ったヘルシーなハンバーグやコロッケ、クッキーなど試作を重ねて開発し、店舗もリノベーションしきれいにし、準備万端だと思っていました。

 

しかし、知り合いから宣伝もしないで、いきなり新商品を販売するのはリスクが大き過ぎると言われました。

 

それでもうちは、常連客が多いので宣伝をかけなくても大丈夫だと思っていましたが、代替わりの挨拶も兼ねて1回くらは宣伝をかけてもいいかなと。
そこで、福岡広告さんがいいよと聞いたので、メールで見積もり依頼をさせて頂きました。

 

広告会社で働いている人は、態度が横柄なイメージがあったので、あまり気が進まなかったのですが、電話をかけてきた方は腰が低くて話しやすかったです。
それに、料金プランが分かりやすいという安心感もありました。
また、チラシといっても適当に用意された雛型を使うのではなく、こちらの要望に合わせたオリジナルなチラシを作って下さるところも良いと感じました。

 

チラシは、新聞風に作ることにしました。思わず読みたくなるような親しみのある文章と、食べてみたくなるようなコロッケやハンバーグのイラストで構成。
併せて、油揚げを使ったアレンジ稲荷寿司のレシピを載せ、お客様とのコミュニケーションを図るようにしてもらいました。

 

昔ながらの豆腐屋のイメージを残しつつ、お洒落に生まれ変わった店を宣伝することができる良いチラシができたね、と従業員の間でも好評でした。
一般的なスーパーの折り込みチラシのような味気ないチラシと違ったものができて嬉しかったです。

 

チラシは、ヘルシー志向が強そうな若いファミリー層をターゲットに決定。
ポスティングは、築浅のマンションや戸建てをメインに撒いて頂きました。

 

リニューアルオープン当日、お客様が来なくて用意した総菜が余ったらどうしようかと不安な中、夕方からお客様がコンスタントに入ってきました。
揚げたてのコロッケは、すぐに完売したので翌日から量を倍にするなど好発進です。
揚げていない冷凍コロッケのテイクアウトも売れるようになり、チラシを撒いておいて良かったと思います。

 

担当して下さった方からは、フォローの電話が入るなど、やりっぱなしにしない姿勢も感じられました。

チラシは、定期的に撒いた方が効果が出やすいと聞いたので、今後も福岡広告さんでチラシを作ってもらいたいですね。

引っ越し 福岡