【糸島市のチラシ制作】フードトラックのスケジュールを書いたアート心をくすぐるチラシ制作。目印のトラックがわかるように描きました。

福岡広告の柿坂です。
チラシ制作をした糸島市のサーフショップの方からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

--- ここから ---

 

いつも、フードトラックのチラシを福岡広告さんにお願いしています。
スイーツの移動販売なのですが、こちらからお客様がいる所に移動する訳ですから、わざわざチラシで宣伝する必要はないと思っていました。

 

しかし、お客様から「こないだ居ると思ったら居なかったですね」とか「今度はいつ来るの?」といった質問を受けることが多くなってきた時、やっぱりスケジュールを書いたチラシを配布した方がいいのかも、思ったんです。

そうすれば、お客様のご要望に応えられるのではないかという訳です。

それに、糸島市にはフードトラックで営業されている同業者が以外と多いので、差別化するためにもチラシは必要だったんです。

 

そこで、自分で手書きのチラシを作ろうと頑張ってみましたが、パソコンの知識がないので上手く作れませんでした。
業者にチラシを頼むのってかなり費用がかかるんじゃないのかと思っていましたが、知人に紹介された福岡広告さんはリーズナブルな費用でアート心をくすぐる洒落っ気のあるチラシを制作してくれる業者さんでした。

 

担当して下さった方は、私の要望を聞くだけでなくプラスアルファの提案もしてくれる優秀な方でした。
チラシは、人目見て「うちのフードトラックだ!」と分るように、中央にうちの店の水色のトラックのイラストを描いて頂きました。
販売する場所の日時も分かりやすく表記し、メニューは写真付きにしました。

 

出来上がったチラシは、海外のフードトラックを連想させるようなお洒落でアートなものになり感激しました。
これなら、観光でたまたま来たお客様も食べに来てくれるんじゃない?とスタッフと盛り上がりました。
チラシは、観光案内所、観光スポット、雑貨屋を中心にポスティングしてもらうことに。

 

ポスティングした週の週末は、いつもより多目に仕込んでおきましたが、早く完売したので驚きました。
お客様の中には「チラシ見ました」と声をかけてくれた方もいて、好評のようでした。
フードトラックの前で写真を撮るお客様もたくさんいらっしゃって、いつもより賑やかな営業でした。

 

観光案内所からも、チラシが無くなったので補充して欲しいと連絡があり、補充しに行くと「目を引くチラシだったのですぐに無くなりました」とのことでした。
また、普段フードトラックで食べ物を買ったことがない高齢のお客様も買いに来て下さることも多くなり、他のフードトラック業者と少し差別化することができたような気もします。

引っ越し 福岡