焼肉屋から学ぶべきビジネスモデルとは

福岡広告は、「焼肉屋」はすごいビジネスモデルだと思っています。

どこにでもある飲食店ですが、実は焼肉屋は他の飲食店とは全く違うスタイルの飲食店なのです。

通常の飲食店は完成した料理を運んできます。ところが、焼肉屋では「料理として完成していない食材」を、テーブルに運んできます。

商品を未完成の状態で提供することで、つくる喜びを加えて提供しているわけですから、「商材をマイナス状態で提供し、プラスに作用する」ということです。

重要なのは、「最後の仕上げの部分をお客様につくらせる」スタイルだということです。何かをつくる場合、最も感動する場面は完成の瞬間です。

ジグソーパズルも最後の1ピースをはめ込む瞬間が一番ワクワクするものです。「あなた」の扱う商材でも、「未完成商材」を加え、お客様に最後の仕上げを楽しんでもらうというのはいかがでしょうか。

 

儲けのヒント

『最後の仕上げ』をお客様に楽しませる「未完成商材」の提供。

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター