飲食店のお客の回転率を上げる「お皿の工夫」

私たちが外でカレーライスを食べるたびに思い出す「経営のアイデア」があります。

お客様の回転数を上げるため、「早く冷めるように底の浅いお皿を使う」というアイデアです。

これは実際、飲食経営コンサルタントが指導するポイントの1つです。

底の深いお皿だと冷めるまでに時間がかかるため、お客さんの回転が鈍いのです。

 

また喫茶店では長居するお客さんがいる場合、回転数を上げるため、室内の温度を下げたり上げたりして不快になるよう調整します。

 

儲けのヒント

お客様の行動心理を経営に取り入れる。

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター