スーパーの買い物カートに秘められた売り上げ倍増のアイデア

今では当然のように思えるものですが、スーパーマーケットの売り上げを大きく伸ばすことに貢献した「単純なアイデア」をご紹介いたします。

昔のスーパーマーケットでは、買い物かごを乗せるカートには、買い物かごが1つしか乗せられませんでした。

しかし、今日のカートの多くは2段式の構造になっています。

つまり、その分たくさんの商品を入れることができるようになり、それに伴い売り上げが大きく向上したというわけです。

 

「1つのものを2つにする」「容量を大きくする」。

単純ですが、この単純さに気づかないのが人間です。

事実スーパーマーケットでも、何年もの間、気がつかなかった発想だったわけです。

 

似た発想で、タバコ「ラッキーストライク」のパッケージの改善があげられます。

初期の「ラッキーストライク」のパッケージには、シンボルマークである、あの丸いデザインが片面にしか施されていませんでした。

それを両面に変更することにより露出度が高まり、今日のように世界的な銘柄になりました。

チラシ広告の場合もこのことはいえます。

裏面を白紙のままにした広告と両面に印刷をした広告とでは、反応率が1.5倍以上にもなることもあるのです。

 

儲けのヒント

単純に「大きくしてみる」「多くしてみる」

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター