思わず買いたくなる新聞広告、効果が出ない新聞広告の違い

モノクロの新聞広告を多く手がけていた当社では、単色広告を出す際の「ある法則」に気づきました。

広告効果を下げてしまう、やってしまいがちなミスの法則です。

それは、「網がけを多く使えば使うほど、反応率が下がる」という法則です。

同じようなことは、デイヴィッド・オグルヴィ著『ある広告人の広告』の中にも書かれていました。

この本の中で著者は「黒地に白抜きの文字を書いてはならない」と指摘していました。

どうやら人間は、本能的に「まわりと比べて暗いイメージのある対象を敬遠する」という傾向があるようです。

 

儲けのヒント

人は明るい対象を好む傾向にある。

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター