セールス文の基本は読み手の気持ちを「下げて、上げて、急がせる」

お客様を買いたい気分にさせるには、商品の長所を語る以前に、お客様の悩みや不安についての理解を示し「共感」を得ることが重要です。

「そうそう」と共感してもらえるよう、読み手の気持ちを代弁するような内容から入るために読み手の感情を、①下げて、②上げて、③急がせる人間、という3つのステップを踏みます。

人は「最悪の状態」と「救済される方法」を一度に提供されると感情が乱れ、心に波が生じた状態になります。

つまり「売ろうとする前に、売りやすい心の状態をつくれ」という考え方です。

また人間は「ないものを獲得する欲求」以上に「今あるものを失う不安」に強い反応を示すという心理を利用し、購入を急がせることも大切です。

商品の数を限定にしたり、期間限定特典を付けるなどの販売方法を用いることで目の前にあるチャンスを「失う不安」を駆り立てる演出していきます。

 

儲けのヒント

売る前にまず「売りやすい心理状態」をつくる。

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター