キャッチコピーで売り上げは伸びる

キャッチコピーは非常に大事です。

何故なら、セールスページとなる初めのキャッチコピーによって売り上げが大幅に変わってくるからです。

どうやったら売れるか、どの部分をクローズアップしたら一番売れるようになるのか、を考えるのがキャッチコピーです。

 

どんなに美味しいメニューであっても、何故か食いつきが良くないケースがあります。

それはもしかすると、キャッチコピーがイマイチだからかもしれません。

「食べてみたい!」と、思わせるキャッチコピーを付けるだけで、料理が活き活きとした印象になり、メニューやサービスは変わらないのに売り上げが上がります。

 

キャッチコピーは、CMに使われるようなものを想定する必要はありません。反応が見て取れるキャッチコピーであればいいのです。

考えるのが難しい方でも「限定」という言葉を使うだけでもかなり違ってきます。

メニューを見たお客様の目を引くためのキーワードは他にも「元祖」「世界発」「季節限定」「〇〇産」などたくさんあります。これだけでも、今しか食べられない、ここでしか食べられないといった拘りのメニューに大変身させることができます。

 

そして、トリガーキーワードを際立たせるためには、特徴を説明する必要があります。例えば、「フランス仕込みの」とか「希少な〇〇を使った」「手打ち」等の説明文があります。

こういったキーワードをメニュー表や手書きの黒板メニューに書いておくだけで、「美味しそう♪」「食べてみようかな」と、思わせることができるのです。

 

キャッチコピーは、単にお客様の気持ちを煽るためのものではありません。提供する側の情熱を伝えるためのものでもあります。

メニューを魅力的なものにする方法として、「〇〇すれば〇〇になる!」というものがあります。

例えば、「これを食べればお肌がプルプルになる」「これを食べたれば血液がサラサラになる」といったものです。

嘘を書いてはいけませんが、トリガーキーワードを効果的に使って魅力のあるメニューに変えることで売り上げは確実に変わってきます。

 

儲けのヒント

キャッチコピー、トリガーキーワードで売上は確実に変わる。

福岡の引越しのことなら福岡引越しセンター